特殊倉庫建設事業「RiSOKO」のブランドロゴ

危険物倉庫の特性

CHARACTERISTIC

法規制が複雑

危険物倉庫を建設するためには、専門的な法令の知識を要します。「建築基準法」はもちろんのこと、「消防法」、「危険物の規制に関する政令」、「火災予防条例」など専門的で複雑な法令を理解しておく必要があります。

行政協議が重要

危険物関連の法令でルールが定められているものの、実際の運用においては、行政庁の指導内容に幅があります。計画・設計時において、行政指導の主旨および当該倉庫の特性を十分に理解して協議を行わなければ、法令の主旨にそぐわない倉庫や過剰スペックの倉庫ができてしまうおそれがあります。

危険物倉庫が得意な設計者は少ない

一般論として、住宅や事務所と比べて危険物倉庫の設計をする機会はそう多くはありません。よって、多くの設計者がインプット条件をもとに行政相談しその指導に従うという受身の設計姿勢になりがちです。