特殊倉庫建設事業「RiSOKO」のブランドロゴ

冷蔵倉庫の特性

CHARACTERISTIC

結露に対する経験と知識が重要

一般論として、床・壁・天井で区切られた空間同士の温度差が大きくなると、高温側の空間に表面結露が発生します。冷蔵倉庫の場合、この原理による結露を完全に防ぐことは困難です。それゆえに結露を極力防ぐ方法や発生した結露水の処理方法などの知識が重要です。

エネルギーコストに対する配慮が重要

建物の建設から運用、解体までに要する費用をライフサイクルコスト(LCC)と言います。常に低温を保つ必要がある冷蔵倉庫の場合、LCCに占める運用コストの割合が高くなります。よって、目先の建設コストだけではなく、エネルギーコスト(運用コスト)に対する配慮が重要です。

冷蔵倉庫が得意な設計者は少ない

一般論として、住宅や事務所と比べて冷蔵倉庫の設計をする機会はそう多くはありません。よって、エネルギー省力化や結露対策に対する検討が不十分なまま冷蔵倉庫を設計してしまうおそれがあります。