NEWS

USEFUL INFORMATION

物流倉庫建設計画でおさえておきたいポイントをご紹介!

2019.11.09お役立ち情報

一般企業において、新しく物流倉庫建設計画が立ち上がり、その担当者として任命された場合には「どういった事に注意すべきか?」「どういう手順で進めるものなのか?」ということに悩む方も多いことだと思います。例えば、企業の物流部門の責任者の方であっても、日常業務として行っているのは、自社の物流業務の管理がメインとなるわけですので、新倉庫建設計画のようなプロジェクトを経験したことすらない…という方が大多数です。頻繁に物流倉庫の立ち上げを行っている場合には、その手順がパターン化されており、スムーズに進めることもできるようになるのでしょうが、通常の企業であれば、プロジェクトメンバー全てが初体験の業務…ということも珍しくありません。
そこでこの記事では、新物流倉庫建設計画が立ち上がった際、どういった事を考えなければならないのか?また、各手順でどういったことに注意しておけば良いのかについて簡単にご紹介していきたいと思います。当然、建設する倉庫の規模や取り扱う物品によって、注意しなければいけないことは以下に紹介することに限らないので、あくまでも一般的な例として、参考にしてください。

物流倉庫建設時におけるステップごとの注意点

それでは、物流倉庫建設計画が立ち上がった場合、各ステップで注意しておきたいポイントについて簡単にご紹介しておきます。ここでは、大まかにステップを分類し筆者がここはおさえておきたいと考えるポイントについてご紹介します。

基本計画を立てる

まずは物流倉庫を設立するためのコンセプトや基本的な設計与件を決定します。この時点でプロジェクトメンバーの選定も必要になるでしょう。

基本計画での注意点

  • コンセプトと倉庫機能を明確にする
    倉庫建設の目的や主機能を明確にします。これは、倉庫建設計画が立ち上がった時点で必然的に存在しているのですが、既存倉庫との相違点や新倉庫の目標値などを明確にし、それを担当者間で共通認識にしておくことが重要です。
  • 倉庫キャパシティの設定
    新たに建設する倉庫の出荷件数や在庫物量など、倉庫キャパシティの設定が必要になります。万一、キャパシティオーバーした場合の対応策なども詰めておく必要があるでしょう。
  • 目標値などの設定
    顧客サービスやリードタイムなどの目標値の設定を行います。目標値に関しては、自社の都合のみで考えるのではなく、他社との競争や業界の特性を踏まえた上で設定する必要があります。

立地の検討

新倉庫建設にふさわしい立地を絞り込む必要があります。地域の絞り込みは以下の点に注意しましょう。

立地検討での注意点

  • 交通アクセス条件
    物流倉庫は交通アクセス条件が重要です。高速のIC、空港、港湾など、交通アクセス拠点との距離などをチェックする必要があります。
  • 用地条件
    建築基準法や消防法、用途など、物流倉庫の建設ができる用地を探す必要があります。
  • 他の物流拠点との関係
    自社の物流拠点が複数になる場合、各拠点の配送地域や配送先数を考慮する必要があります。
  • 人員確保、作業員の通勤条件
    倉庫内作業員の確保のしやすさも重要です。

ブロックレイアウト

新たに建設する倉庫において、商品分類や荷姿(ケース、バラ、パレット等)、カテゴリーなどの設計基礎データを確定し、倉庫の基本的な運用が決まれば、倉庫のブロックレイアウトを考えなければいけません。

ブロックレイアウトでの注意点

  • 各スペースについて
    物流倉庫の場合、入荷、荷捌き、在庫、仕分け、出荷待機など、各作業のためのスペースが必要になります。したがって、倉庫内で各作業ごとに必要になるスペースを算出する必要があるでしょう。既存物流倉庫が他にあるのであれば、その数値が最も参考になるでしょう。
  • 入出荷バースについて
    入荷バース数とトラックサイズ、出荷バース数とトラックサイズを決めなければいけません。この部分は配送スケジュールなどにも絡んでくるでしょう。
  • 倉庫内で使用する大型機器について
    自動倉庫システムの導入などであれば、機器そのものの設置に大きなスペースが必要になります。したがって設置スペースと作業スペースの算出は必要不可欠です。
  • ブロックレイアウト図の作成
    上記をもとにブロックレイアウト図を数パターン作成します。

導入する物流システムについて

倉庫規模や取り扱い製品によって、導入する物流システムを考えなければいけません。

物流システムの注意点

  • 既存システムを活用する場合
    別拠点などで、既存物流システムを利用している場合、現在の保有システムを活用できるか検討する必要があるでしょう。活用する場合、そのシステムをベースに、新たな倉庫のためのカスタマイズを考えましょう。
  • 新たに物流システムを導入する場合
    この場合、システムの仕様、設計、開発、導入までにそれなりの時間がかかります。倉庫建設に間に合うようにシステム開発の打ち合わせをしていきましょう。

まとめ

今回は、新たに物流倉庫建設プロジェクトが立ち上がった場合に注意しておきたいポイントについてご紹介しました。本稿では、建設会社など、専門業者に依頼する以前に、自社のプロジェクトメンバーで最低限おさえておかなければいけないポイントを中心にご紹介しました。もちろん、上記でご紹介した内容以外にも多くの注意ポイントが存在していると考えておかなければいけません。

実際に建設計画を進めていく場合には、専門業者のアドバイスも受けることになりますが、上述したような自社内でのコンセプトや最低限の基本計画が無ければ、打ち合わせに時間ばかりを取られて、スムーズにプロジェクトが進まなくなってしまう恐れもあるでしょう。「専門業者が何もかも導けば良いのでは?」と思うかもしれませんが、自社に最適な施設を建設しようと思う場合には、「なぜそれが必要なのか?」をきちんと明確にしておかなければ、アドバイスのしようがない場合もあるのです。